発電所管理サービス

最終更新: 2019年5月6日

  1. 除草作業(年2回)

  2. パネル洗浄(年1回以上)

  3. ​フェンス状態目視確認


1.除草作業(年2回)

太陽光発電所敷地内の除草はとても重要で、雑草被害は発電効率を著しく低下させ故障や火災の原因になりますので定期的な除草作業が必要です。

▼雑草を放置した場合のリスク

✅ 雑草の影の影響でホットスポットの原因

✅ 雑草の影で発電効率が下がる

✅ 雑草が集電箱やパワコンに入り込み故障の原因

✅ 雑草は小動物の住処になり野鳥などに被害に繋がる

✅ 雑草は近隣住民からのクレーム



宮城県初のドイツ製ラジコン草刈り機を導入

▶︎特徴

  1. 低重心設計によりメガソーラーのパネルの下まで効率的に作業が短時間で可能

  2. ハンディー草刈り機と比較し作業効率1/5



▼乗用草刈り機での作業も可能です。


※埋設ケーブルでは可能ですが、地上露出ケーブルの場合は誤って切断する可能性があり、現場確認を行いケーブル配線付近から手作業の刈り込み保護カバーでホールドを施してからの乗用草刈りになります。





▼パネル下の雑草

雑草は目視点検の死角になる事以外にも、パネル下の雑草は配線に絡まりショート起こす危険性も懸念され、また小動物の住処になりますので野鳥が集まりパネルを汚し発電量は落ちる可能性があります。







2.パネル洗浄

太陽光発電のモジュールが鳥の糞害・粉塵、落ち葉などにより汚れますと、発電効率が下がります。当社の太陽光発電所の汚れを1年放置した場合と、洗浄した場合の比較では、約2%〜3%効率が落ちることを確認しております。

落ち葉や鳥類の糞など放置しますとホットスポットになり発電量の低下とホットスポットによるモジュールの不良を引き起こします。最悪の場合汚れが原因で漏電、火災の原因につながります。

モジュールの定期的洗浄は発電効率を高いレベルで維持できます。


3.フェンス状態目視確認

50kW以上の太陽光発電所は電力設備技術基準の解釈の38条によって、 人が立ち入る可能性のある場所において構内に立ち入らないよう 柵または塀を設けるよう規定がされています。

太陽光発電所の4大リスクは落雷、いたずら、盗難、火災となり、リスクに対するフェンスの役割は盗難に対するものとなります。また近隣住民を守るという意味合いでは侵入できないようにするためとなり、定期的に目視確認が必要になります。

​株式会社日昇テクノ

〒983-0821 宮城県仙台市宮城野区岩切2-3-36     Tel:  022-290-0141 Fax : 022-290-0419

© 2017 nisshotechno.Inc